インクジェット印刷 導電性インク回路

ペン描き 配線板作成

Jetサーキット ペン手書き配線板作成

配線ペンで、折り曲げ可能な薄い配線紙や半透明の配線シートフィルムに、シンプルな手描きで、回路配線板を作成できます。
Jetサーキット配線ペンは、両側に細線用と中太線用のペン先があり、ペン先を使い分けて、3種類の幅の配線を描けます。
ラフな配線はフリーハンドで、配線紙・配線シートに作描できます。

普通紙に配線原稿を作り、その上に半透明の配線シートをのせ、配線シートになぞり書きし、回路配線を描き、配線板を作成することも可能です。
 
 

配線ペン なぞり描き 回路配線板 作画手順

なぞり書き作製は、作成した配線パターン原稿を何回も使用で、同じ回路配線板を複数作成することができます。   必要部品
  • 配線パターン原稿用紙
  • Jetサーキット配線ペン
  • 配線紙または配線シート
  1. 配線パターンの原稿を作画する。 
    普通紙に配線原稿を書き、配線パターン原稿を作成します。
    Windowsのペイントなどのアプリケーションで配線パターンを作画し、印刷してもかまいません。
    少し複雑な回路の場合は、OPUSERなど自動配線/半自動配線/手動配線の機能があるPCBレイアウタCADをご使用になり印刷すると、より簡単に配線パターン原稿を作成できます。
  2. 配線パターンを作画します。
    配線パターン原稿の上に半透明の配線シートを重ね、Jetサーキット配線ペンで原稿をなぞり、配線シートに配線パターンを作画します。
  3. シルク文字
    組立を容易にする記号や文字が必要な場合は、細字サインペンなどで描きます。
  4. 外形切断
    ハサミなどで、外形を切り出来上がりです。
  5. 回路配線板の完成です。
    部品を実装する場合、リード部品実装キットやSMT部品実装キットをお使いいただくと、動作基板作製が容易です。
ペン書き作画時間:約4分
インクジェット基板

Jetサーキット ペン手書き配線板作成

Jetサーキット配線ペン 概要

インク Jetサーキット導電インク
ペン先 両側 (3種類線幅用)
大きさ 長さ 140mm 径 15mm
 
部品実装時の必要実装用キット(別売)を、ご用意しております。
 
リード付部品実装には リード部品実装キット 
表面部品実装には SMT部品実装キット
 
お問い合わせ・資料請求

ページの先頭へ戻る