統合型回路図基板設計CADソフト

基板レイアウタ 詳細

オプサーは『回路と基板』 『回路のみ』 『基板のみ』 の設計ができます。

『回路と基板』の設計のレイアウト設計は、通常回路図設計を先行し、回路図から自動でアノテーションされる部品とネット情報をもとに、部品を自動/手動で配置し、オートルータによる配線やリップアップ機能付配線で配線を行います。

『基板のみ』 の設計の場合は、ライブラリから部品を選び、部品を自動/手動で配置し、オートルータによる配線やリップアップ機能付配線で配線を行います。
基板設計からガーバー/ドリルデータや部品中心座標データなどを出力できます。
 
  • 部品自動配置機能やファンアウト解析・配線密度表示・ベタ面やティアドロップ自動生成・3Dビューアなどのツールの装備により、より完成度の高い基板設計が可能です。
  • 機械系CAD出力外形DXFデータの入力利用で、複雑形状の基板も、容易なレイアウトが可能です。
  • 標準装備の3Dビューアは、基板のみでなく筺体を含め3次元に各方向から確認することが可能で、ドキュメントにもご利用いただけます。
  •  Plusパックには、温度環境性を確認する基板熱解析を付属。 Plus+パックには、さらに詳細な基板シミュレーションを可能とする電磁界解析・信号劣化解析を加えました。
 

おもな機能

  • 自動部品配置
  • オートルータ修正機能付半自動配線
  • リップアップ付配線機能
  • 回路記号/ピン番号自動再割付
  • ブロック編集
  • 無段階スクロール拡大縮小表示
  • 自動円弧スムース化配線
  • 部分テーパー配線
  • 配線長/幅指定配線生成
  • インピーダンス計算機能付配線
  • 自動配線補正付DRCチェック
  • 裏面配線表パッドブラインドビア自動生成
  • 部品形状参照プラウザ表示
  • 穴レイアウト表示
  • ベタ面接続チェック
  • 基板外形DXFデータ入力
  • DXF出力
  • ロゴなどのビットマップ図形配置
  • 日本語フォントの基板文字配置
  • ネット・配線ガイド線表示機能
  • 使用中レイヤーの選択レイヤーのみの表示設定
  • ピンナンバー選択表示機能
  • 設計中の、ユーザーライブラリのみ表示の設定
  • ポリゴン頂点への円弧の挿入機能
  • エントリーナンバーの自由再設定
 

自在なレイアウトで日本語配置が可能
自在なレイアウト日本語配置
 
あると便利な配線加工機
 

機能内容

ネット・配線ガイド線表示機能

配線を行う時にネットとともに次に接続するべきピンをリアルタイムでトラッキングします。 ネット配線ガイド
 

使用中レイヤーの選択レイヤーのみの表示設定

設計レイヤー表示切替で、必要なレーヤーのみの表示により、設計を容易にします。 設計レイヤー表示切替

ピンナンバー選択表示機能

設計中の確認を容易にするピンナンバー表示選択機能を、レイアウト表示に追加しました。 ピン#表示
 

設計中ユーザーライブラリのみの表示設定

設計中のユーザーライブラリのみの表示設定機能を追加し、部品参照が容易になりました。 ユーザライブラリー表示
 
 

ポリゴン頂点への円弧の挿入機機能

ポリゴンの頂点への円弧挿入機能の追加により、外形やフットプリント生成の自由度が向上しました。 円弧ポロゴントップ追加
 

リアルタイム双方向ブロックコピー貼付

回路図ブロックをコピー貼付すると、ブロック内接続されていないネットを除き、レイアウトに直ちに反映されます。同様に、レイアウトブロックをコピー貼付すると、回路図に反映されます。 リアルタイム双方向ブロックコピー貼付
 

ペア配線自動平行配置

耐ノイズやインピーダンス整合などのため、平行なペア配線配置が必要な場合、ペア配線する各開始パッドの指定と配線基準とするネットの結線先を指定することにより、最高8本の配線を平行に自動配置できます。基準ネット以外の各ネットの結線先はドラッグ操作で結線できます。
 
ペア配線する各開始パッドの指定と配線基準ネットの選択
 
ペア配線する各開始パッドの指定と配線基準ネットの選択
基準ネット以外のネットのドラッグ操作結線

基準ネット以外のネットのドラッグ操作結線
ペア配線自動平行配置
 

自動円弧スムース化配線

滑らかな円弧配線にすることで、高周波配線や高密度配線における課題部分が減少します。
自動円弧スムース化
 
自動円弧スムース化 自動円弧スムース化
 

部分テーパー配線

部分的に配線幅を広くしたり細くしたりし、電流対策や配線密度など、設計の自由度が向上します。 部分テーパー配線
 

配線長/幅指定配線生

部分的に配線長/幅の設定により、ルール化した配線を生成できます。
配線後の抵抗・静電容量・インダタンス・インピーダンスを確認し、修正することも可能です。
配線長幅指定配線生成
 
配線長幅指定配線生成
 

インピーダンス計算機能付配線

レイヤ構造を設計し、レイヤタイプ( PWR / GND 、シグナルあるいは 混在 )を割り当て、導体層厚・絶縁層厚とパラメータなどを設定することにより、望むインピーダンスのストリップラインやマイクロストリップ配線の自動生成が可能です。 インピーダンス計算配線
 
インピーダンス計算配線
 

裏面配線表パッドブラインドビア自動生成

SMT部品への配線を容易にします。
 

エントリーナンバーの自由再設定

エントリーナンバーを自由に再設定でき、設計をより効率化ます。 部分テーパー配線
 
 

基板設計付属ツールについて

オートルータ

ロジック系配線に効果を発揮するオートルータを、標準装備しています。
自動配線・半自動配線・マニュアル配線を混在し使用できます。
 

DRCチェック

DRCチェックは、パッド間・パターン間・パッド-トレース間をチェックします。
設定したデザインルールに基づき、不良部の自動補正も可能です。
自動修正機能付DRCチェック
 
 

ファンアウト設定

ネットごとの電流容量を設定し、最適パターン幅で配線できます。
パワーデバイスの配線などに便利です。

ティアドロップ自動生成ツール

パッド強度を高めるティアドロップを自動生成します。
 

自動ベタ生成・不要べた除去ツール

ノイズ対策やパターンインピーダンスなどに使用されるべた面を、自動追加し編集できます。
Windowマウスで囲んだ部分のパッドやパターンを除いた空いている範囲に、グランドパターン接続設定も可能なベタ面を自動生成します。
 

AutoCAD DXF外形データインポート

複雑な外形線を、DXF・ガーバー・HPGLデータでインポートし利用でき、作図を不要としました。
 

基板設計 基板レイアウタ PCB設計 PCBシミュレータ

PCBレイアウタとリアルタイムでリンクしたPCBシミュレーションにより、より完成度の高い基板設計が可能です。
 
Plusパックには、温度環境性を確認する基板熱解析を付属。 Plus+パックには、さらに詳細な基板シミュレーションを可能とする電磁界解析・信号劣化解析を加えました。
  

基板シミュレーション

配線密度分析

配線密度分布状態が判り、部品配置移動やべたパターン配置参考などに参照できます。
 

3Dビューア

基板のみでなく、筐体を含め、全方向から部品実装状態をシミュレーションできます。
 
基板3D表示
筐体と基板3D表示
配線ネット3D表示
 

基板熱解析(Plus・PLus+パックに付属)

耐熱環境性の確認とファンの風量など冷却をシミュレーションします。等温度ライン表示とカラー分布表示が可能です。
 
 

電磁界解析(Plus+パックに付属)

クロストークや電磁界ノイズの影響をシミュレーションします。ライン表示とカラー分布表示が可能です。
 

信号劣化解析(Plus+パックに付属)

クロストークなどをシミュレーションします。
お問い合わせ・資料請求

ページの先頭へ戻る