基板加工機

プリント基板加工機用スルーホールソリューション

基板加工機併用 スルーホール形成

プリント基板加工機 A シリーズ・N シリーズの加工ドリル穴に併用処理し、両面基板・多層基板(多層基板プレス機必需)のスルーホール・VIA貫通を、自社内で、短時間・簡単な作業で、その日に形成することができます。

新 スルーホール ソリューション

 試作基板層数・穴径・穴数・使用環境・予算などに合わせ、めっき式ぺースト式 ・ ハトメ式 ・ ビアピン式から、お選びいただけます。
めっき式
ペースト式

ハトメ式

ビアピン式
穴径0.15mm8層基板対応の多数異穴径スルーホールを、同時に作製できます 穴径0.2mm4層基板対応の多数異穴径スルーホールを、同時に作製できます 簡単な作業・ 低初期費用で、穴径0.6mm以上スルーホールを作製できます 穴径0.3mm のビアホールを、簡単な作業・ 低初期費用で可能

試作基板スルーホールめっき機

量産基板スルーホール作製に準じ、異穴径多数穴を同時作製できます。
  • 多層基板対応
  • 0.15mm穴径対応
  • 異径多数穴同時作製
  • 量産基板スルーホール作成に準じた方式
  • 部品取付穴対応
  • 洗浄水無排水可能
高アスペクト比0.15mm径の小径穴も、確実なスルーホールを同時に形成します。
穴内部内壁に電荷が帯電しない反転電源、均一な薬液を保持するエアー攪拌機能、小径穴内部にもめっき液を供給攪拌する基板揺動機構を搭載した、プロフェッショナル仕様のめっき方式スルーホール加工機です。
排水配管なしで、設置場所を選ばない、洗浄水循環装置付もございます。
スルーホール加工機 THP-300P
スルーホールメッキ機
おもな仕様
最大基板サイズ 230 x 305 mm
最高レイヤー数 8
大きさ (WxHxD) 1056 ×628 ×516 mm
重量 約 37 kg
電源 100/200V, 50/60Hz, 1.6kW
洗浄水循環装置付
スルーホール加工機
THP-300PW

 
スルーホール加工機 THP-300Pの下に設置します。

洗浄水循環装置 おもな仕様
大きさ (WxHxD) 1000 x 520 x 700 mm 
重量 約 48 kg (タンク内洗浄水は含みません)
電源 100/200V, 50/60Hz, 400W

ペーストスルーホール GPペースト

両面基板・多層基板(多層基板プレス機必需)のスルーホール作製を、真空テーブルを使用せずに、フィルムを張った穴あけ後の基板表面に、乾燥時に穴の内壁に膨張密着する導電ペーストを塗布し、乾燥しスルーホールを作製します。
  • 4層基板対応
  • 0.2mm穴径対応
  • 異径多数穴同時作製
  • 部品取付穴対応
  • 簡単作業
  • 真空テーブル不要
  • コンパクト
4層基板・異穴径多数穴を 同時に作製
方式 ペースト式
品名
  0.5mm径穴断面
導電ペストスルーホール
4層板0.5mm径穴断面
4層板0.8mm径穴断面
概要 膨張密着導電ペーストをスキージで穴部に充填しオーブンで硬化する簡単操作で、全穴同時もしくは任意の穴に、スルーホールを作製します。
ペーストは、硬化時に穴内壁に膨張密着し、小径スルーホールを作製します。
作製時間 作製時間:約47分(穴あけを除く)
作業時間 操作時間:約12分(穴あけを除く)
基材サイズ 制限なし
工程概要
  1. 両面の基板配線を加工する(4層時は内層の配線加工を行い積層後)
  2. 基板両面に、ロ-ラーでマスクフィルムを密着させ貼る
  3. 穴開けする
  4. 基板表面にペーストをだし、均等になるよう、スキージでペーストをのばし、穴に充填する
  5. 基板裏面にペーストをだし、均等になるよう、スキージでペーストをのばし、穴に充填する
  6. フィルムを外す
  7. 60℃で約35分間オーブンで乾燥

ハトメスルーホール Revetスルーホール

プリント基板加工機 A シリーズ・N シリーズとの併用により、両面基板のスルーホール導通を、ハトメをオートポンチでかしめて、スルーホールにします。50個程度までのスルーホールを低コストで作成できます。
  • 部品取付穴対応
  • 低初期費用
  • 簡単作業
  • コンパクト
  • 20穴程度までにお勧め
低初期費用・部品取付穴対応
方式 ハトメ式
品名
  1.2mm径穴断面
リベットピンスルーホール
概要 穴径に合ったサイズのリベットピンを穴に挿入後圧着し、必要な位置の穴に、スルーホールを作製できます。穴数が少ない場合に適します
作製時間 作製時間:40穴時 約20分
(穴数x約30秒)
作業時間 操作時間:40穴時 約20分
基材サイズ 制限なし
工程概要 1.両面の基板配線加工と穴開けをする
2.穴径に合ったリベットを穴に挿入し、専用台の上に乗せ専用自動ポンチで圧着する
3.同一サイズの穴に、繰り返しリベット挿入圧着を行う
4.別サイズ穴を、同様に穴径に合ったリベットを穴に挿入し、繰り返し挿入圧着を行う
 

ビアピンスルーホール ViaPスルーホール

プリント基板加工機 A シリーズ・N シリーズとの併用により、両面基板のスルーホール導通を、ビアピンを穴あけ後の基板の穴に、穴に合ったピン径のピンをさし、はんだ付けしスルーホールにします。
穴数が少ない両面基板のスルーホールを低コストで作成できます。
  • 小径ビア対応
  • 低初期費用
  • 簡単作業
  • コンパクト
  • 部品取付穴共有不可
低初期費用・小径ビアホール対応
方式 ビアピン式
品名
  ビアピンスルーホール
概要 穴径に合ったサイズの専用Viaピンを、穴に差し込み両面からハンダ付けし、必要な位置の穴に、スルーホールを作製できます。穴数が少ない場合に適します。
作製時間 作製時間: 40穴時 約40分
(穴数x約1分)
作業時間 作業時間: 40穴時 約40分
基材サイズ 制限なし
工程概要 1.両面の基板配線加工と穴開けをする
2.穴径に合ったViaピンを穴に差し込む
3.同一サイズの穴を、繰り返しViaピンを穴に差し込む
4.別サイズ穴を、同様に繰り返し穴径に合ったViaピンを穴に差し込む
5.差し込み面のViaピンをはんだ付けする
6.全穴の片面はんだ付けを終えたら、裏面からViaピンの穴をすべてはんだ付けする
お問い合わせ・資料請求

ページの先頭へ戻る